• グラウンドカバーは、通常高さ5~20㎝ の密生した低い装飾植物
    を意味します。グラスやつる、多年草や多肉植物などの多くの種類があります。 グラウンドカーバの使い方は様々ですが、主な目的は雑草の成長を防止し、地面の浸食や干ばつから保護するためや、他の植物の成長・繁殖が困難な場所に利用したり、裸地を隠蔽することにより場所の美的外観を向上させるためにも使用されます。

  • 低木植物は、小~中型の常緑と落葉樹のものがあります。Furuya Plantsの低木は高さ2m以下のものが多いです。 低木は、アジサイのように綺麗な花を持っている場合はシンボリックな植物としても利用できます。低木はまたプライバシーを与えるための垣根材料や、野生動物/侵入者に対する障壁としても植えられます。低木の種類が多くあり、長くアーチを描く枝やコンパクトな形や葉を持つものもあります。成長率も種類によって異なりますので、環境のニーズや剪定の必要性に応じて品種のチョイスが重要となります。

  • この植物は、乾燥した環境に耐性があり、品種により乾いた環境のほうが元気に育ちます。
    日本では、夏の前に梅雨があるにも関わらず、夏はとても蒸し暑く、冬はとても乾燥しています。ここで紹介する植物は、日本の気候に適応しています。(※通常砂漠植物とは違います)
    軒先下の雨水が届かない場所、綱や砂利のように水はけがとても良い土壌の場所、アスファルトやコンクリートの反射が多い都会の店先の坪庭などの場所におすすめします。

  • 植物学では、木は枝や葉を支持する木質化している茎を持つ多年生の植物です。もっと広い意味では、芭蕉や竹などの植物も含まれます。
    Furuya Plants では、落葉性と常緑性の200種以上の「木」を扱っています。庭木に専門化しているので、ほとんどの在庫は高さ10m以内ですが、それ以上の高さのものや在庫にない品種も手配できます。
    庭木を選ぶ際、葉や花の特徴だけではなく木の成長率や環境のニーズを考える必要があります。